弊社のウェブサイトをご訪問いただき、誠にありがとうございました。

Jiangyin Spark Electronic Technology Co., LTD. は株式会社 ETW日本のGMPC常設展示場でサンプルを終年展示。

住所:日本福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1 AIMビル1階

営業時間:月曜日から金曜日まで 東京9:30-17:30(終年)

ブース番号:16

具体情報はjp.etwgmpc.com をクイックしてください。

変圧器の機能
変圧器は主要なシステムと予備システム間の接続要素です。大電流は主要なシステムから入り、小電流は二次システムから入り、測定器やリレーのコイル電流のエネルギーを提供します。これは、通常の作業パラメータおよび電気機器の誤作動を反映しています

第二のシステムの装置、例えば器具とリレーは、オペレーターの安全を確実保証するために、主要なシステムで高電圧のもので分離されます。これらの装置は小型軽量構造、安い価格、および簡単なインストールできるように、それは第二のシステムで装置の正常化と小型化を実現することができます。遠隔計測とコントロールは低電圧用の小さなゲージ・コントロールケーブルで行なうことができます。主要なシステムが短絡するとき、変圧器は大電流を損傷よりの第二のシステムの装置を保護することができます。

変流器の動作原理
一般に変流器の一次巻線は二次のものより少ないので、電流トランスは変換器として扱うことができます。作動原理は電圧トランスと非常に同じです。また、労働条件は電圧トランスの短絡状態と類似しています。カレントトランスの一次側は主回路に接続され、テスト電流I1を得て、二次側は、電流計または低内部抵抗の電流コイルの電力計に接続されていると、テスト電流I2を得ます。電磁のパラメータとポジティブな正方向は、電気工学によって決定されます。

変流器の精度での選択と校正
一次電流の定額する規定値と二次的電流の負荷は許される範囲の中にあり、正確さは最大のエラーです。異なる精度の変流器は、異なる測定器を使われます。例えば、ビリングと測定の変流器は0.1〜0.5に及ぶ精度を持っています。その一方で、アンペアのモニターは入出力と出力回路の負荷電流測定しています。一般に変流器は1.0〜3.0の正確さを備えています。

変流器の応用方法
変流器の配線は、直列接続の原則に準拠する必要があります。二次側はすべての器具負荷と直列に接続しました。一次側はテスト回路に直列に接続する必要があります。

試験された電流値に応じて、適切な転換率はエラーを最小化するために選ばれます。二次側は絶縁システムが損傷されると、一次側の高電圧が低電圧の二次側に移動します。死傷者や設備事故の原因とした場合に接地する必要があります。

二次側は確実に開放することを許可されていません。

故障判定及び測定器、リレー、ブレーカーの故障記録装置のニーズを満たすために、2-8の二次両面電流トランスは、発電機、変圧器、出力ライン、バス部ブレーカー、バイパス回路遮断器にインストールされます。

変圧器の精度についての説明
0.2、0.2S、0.5、0.5Sはすべての精度レベルのトランスです。通常の作業条件では、変圧器の誤差が所定の範囲内に保つ必要があります。

電流トランス(測定用)
0.1、0.2、0.5、又は1の精度で測定変流器として、二次負荷の抵抗値は25%定格負荷値です。電流誤差および定格周波数における位相誤差は-100%内に保たれなければなりません。具体的の数字は下記の表にご参考ください。

精度定格電流(%)内の電流誤差(±%)定格電流の位相誤差(%)
± 分±CRAD
520100120520100120520100120
0.1
0.2
0.5
1
0.4
0.75
1.5
3.0
0.2
0.35
0.75
1.5
0.1
0.2
0.5
1.0
0.1
0.2
0.5
1.0
15
30
90
180
8
15
45
90
5
10
30
60
5
10
30
60
0.45
0.9
2.7
5.4
0.24
0.45
1.35
2.7
0.15
0.3
0.9
1.8
0.15
0.3
0.9
1.8

0.2Sと0.5Sの精度による測定電流トランスに関しては、第二の荷のオーム値が定格負荷値の25%-100%以内にあります。述べる範囲内の定額頻度の下に電流誤差と位相誤差は下の表に示される範囲の中で保たれなければなりません。

精度定格電流(%)内の電流誤差(±%)定格電流の位相誤差(%)
± 分± CRAD
152010012015201001201520100120
0.2S0.750.350.20.20.230151010100.90.450.30.30.3
0.5S1.50.750.50.50.590453030302.71.350.90.90.9

電圧トランス(測定用)
負荷が25%―100%定格値の間に、定額値は周波数にて変化し、電圧80%―120%の範囲以内、定格値は0.8(遅れ)力率、測定電圧トランスの電圧エラーと位相誤差は以下のテーブルに示された範囲内に保つ必要があります。

精度電圧誤差(± %)位相誤差一次電圧の許容範囲二次負荷の許容範囲
± '±CRAD
0.10.150.15(0.8-1.2) U In(0.25-1.0) S n cos φ 2 =0.8 (lag)
0.20.2100.3
0.50.5200.6
11401.2
33Not specifiedNot specified

注意:複数の二次コイルのケースでは、コイルの間の相互の影響するために、定格出力は25%-100%の範囲内で対応する精度の必要条件を満た、もう一つのコイルの定格出力は0-100%の範囲に満たさなければなりません。

電流トランス(保護用)
保護電流トランスの精度は、一次電流の定格精度の限界値の下で、最大許容誤差による複合材料の割合に評価されます。P文字が付加されていると保護の意味をします。5Pと10P標準的な精度の電流トランスがあります。例えば、5P10精度とは、主要な電流の定格一次電流の10倍である場合、コイルの複合誤差は5%未満です。ご覧のように、数字10は、正確な制限係数です。誤差限界は以下に示します。

精度定格一次電流の現在の誤差(%)定格一次電流の位相誤差定格一次電流における複合誤差(%)
'±CRAD
5P 10P1 360 -1.8 -5 10

電圧トランス(保護用)
保護電圧変圧器の精度は、保護電圧トランスの正確さは最大許容電圧エラーによってパーセンテージで評価されます。電圧定格電圧の5 %から定格電圧係数を正確に対応します。P文字が付加されていると保護の意味をします。3Pと6P標準的な精度が保護電圧トランスのためにあります。誤差限界は以下に示します。

精度電圧誤差(± %)位相誤差
±± CRAD
3P 6P3.0 6.0120 2403.5 7

注意:それらの相互作用による2つの別々の二次コイルを有する変圧器の場合には、ユーザーは、各コイルの出力範囲を指定する必要があります。各出力範囲の上限は、標準的な定格出力値を遵守する必要があります、他のコイルが出力上限値の0〜100%の範囲内にロードすることができますが、各コイルは、出力範囲内で、独自の精度要件に準拠する必要があります。試験は、唯一の有効な結果を提供するために、限界値で行うことができます。範囲が指定されていない場合、各コイルの出力範囲は定格出力の25%〜100%の範囲内です。

主要製品
  • 260 OHM ミニ電圧トランス 注意:それらの相互作用による2つの別々の二次コイルを有する変圧器の場合には、ユーザーは、各コイルの出力範囲を指定する必要があります。各出力範囲の上限は、標準的な定格出力値を遵守する必要があります、他のコイルが出力上限値の0〜100%の範囲内にロードすることができますが、各コイルは。
  • 10A 零相変流器 10A零相変流器は、小電流モニター回路に適用されます。モニタ回路が故障した場合には、10Aに入力電流は零相電流が10 mA〜1,000 mAの範囲とスイッチを制御します。これは、高感度と低電流、低磁場環境の一貫性です。